パネライのオーバーホールの手順|ブランド買取の基本を学ぼう!【ブランド時計を知り尽くす】

時計は何年かに一度オーバーホールが必要

パネライのオーバーホールの手順

男の人

まずは無料見積もり

パネライルミノール1950ケースのクールなモデルを大事に使い続けるためには、何年かに一回のオーバーホールが必要です。オーバーホールが必要な時期はモデルやブランドによっても大きく異なりますので、まずは腕の確かな職人がいるところで無料見積もりをしてもらいましょう。

知識と技術が必要なオーバーホール

オーバーホールは基本的にムーブメントなどを分解して洗浄しますので、かなり高度な知識と技術が必要です。かならず実績と評判の高い店舗に依頼しましょう。

パネライの時計/オーバーホールの手順

1、ケースを開けてムーブメントを取り出します。その後でムーブメントを分解していきます。非常に精密な技術が要します。
2、部品を特殊な洗浄装置で洗います。時計のケースやベルト部分は他の洗浄装置で垢や錆びなどを落としていきます。
3、部品を一つ一つチェックして、すり減っているパーツを交換します。交換するパーツは純正のものが用いられます。そして時計を組み立てていくのです。
4、組み立て終わったパネライの精度測定を行い、問題がないか確かめます。
5、ベルト部分などを組み立てて完了です。

オーバーホール証明書について

オーバーホールをした後に証明書をかならずもらいましょう。のちのち売却することになったときに、証明書があると査定額が高くなります。

広告募集中